千葉県四街道市議会議員 阿部はるお 公式ホームページ

平成12年7月13日~15日

1 視察先
大分県臼杵市
大分県大分市
大分県湯布院町
熊本県荒尾市
福岡県久山町

2 視察日程
7月13日
大分県臼杵市:企業会計方式導入の経過と成果
大分県大分市:商店街高度化事業「ガレリア竹町」の概要及び現地視察
7月14日
大分県湯布院町:地域主体のまちおこし及び現地視察
7月15日
熊本県荒尾市:特定商業集積法適用施設「シティモールあらお」事業の概要
福岡県久山町:アメリカ型メジャーモール「トリアス久山」現地視察

【臼杵市】
 昨今、各自治体で企業会計方式の導入が相次いでいる。
 それは、従来の公会計の単位簿記ではみえにくい、事業収支や資産、債務の状況を明らかにして、
 自治体の経営診断・将来設計に役立てるということであり、情報公開の流れに沿ったものである。
 しかし、この先鞭を切ったのが東京や大阪の自治体ではなく、大分の小都市・臼杵市であったということに私たちは大いに関心を持った。
 臼杵市には、国宝の石仏があることで有名だが、企業といえば斜陽産業の造船所が3ヵ所、味噌、醤油光嬢が2ヵ所ある程度で、
 表面だけみれば失礼ながら寂れたローカル都市との印象を免れない。
 しかし、そこでは時代の先端を行く取り組みが、市長のリーダーシップによって、職員自身の手でなされていたのである。

【大分市】「ガレリア」
 「ガレリア竹町」をみると「中心市街地の空洞化」という念仏が嘘のようににぎわっている。
 平日の夕方の商店街を訪れた私たちは、その人通りの多さに圧倒された。イタリアのエマニエル・ビットリオ2世をモチーフに作られたガレリアの入り口には、風格ある帆船が鎮座している。
 そして、まるで中世ヨーロッパのような商店街の中では、学校帰りの学生や主婦、カップルが思い思いに買い物を楽しんでいる。
 それを、見事にまで再生したのは、まちの活性化に情熱を賭けた地域のリーダー、支援措置をフル活用した行政、そしてそれを後押しした商店街、地域住民の存在である。

【湯布院町】
 湯布院出身の故参議院議員岩男氏は、かつては青年団のリーダーとして、ダム建設反対運動や自衛隊駐屯地の誘致に全力を尽くした。
 駐屯地を誘致することによって、1億円にのぼる交付金を獲得するとともに、防衛庁の協力を仰ぎながら河川改修や圃場整備を行ってきた。  その一方で、この湯封院の財産である地域の自然・文化・伝統を守るべく、  ゴルフ場建設を規制する自然環境保護条例の制定や、街路事業をあえてやらないという独自のまちづくりの哲学も貫いてきた。

【荒尾市】
 かって北隣の福岡県大牟田市とともに、三池炭坑とその関連産業による石炭のまちとして発展してきたが、今では商業・観光・文化のまちとして大きな変貌を遂げようとしている。
 当市においても、精工舎の撤退を受けて、中心市街地活性化基本計画の策定作業がすすめられているが、  まちの基幹産業であった、炭坑の閉山という事態に直面した、荒尾市の苦渋は、我々の想像をはるかに超えるものがあったであろう。
 しかし、荒尾市は、したたかに、しなやかにその困難を乗り越えようとしている。
 三井グリーンランドやウルトラマンランドなどの既存娯楽設備に加え、スパーあらおリゾート整備や、九州初の特定商業集積法適用施設・あらおシティモールを竣工させ、  新たな時代を築こうとしている。
 特に、あらおシティモールについては、当市の今後の都市核北地区整備にも大いに参考になるものであった。

【久山町】
 「トリアス久山」、アメリカのマジャーモールーの日本版(但し、面積的には米国の3分の1程度)敷地面積252,500平方メートルの敷地に、  西日本最大の76,000平方メートルの売場面積を誇っている。
 日本経済新聞社の新規事業賞を受賞したこの施設の可能性は、政令指定都市千葉市に隣接する当市にとっても、大いに参考になる。

PAGETOP
Copyright © こんにちは!阿部はるおです! All Rights Reserved.